saimonblog

saimonblog

【詳細】コインチェックのNEM流出事件を徹底解説【犯人:3グループある】

f:id:retirerich:20210104185132j:plain

こんにちは、サイモンです。

f:id:retirerich:20201216215725j:plain

すみません。コインチェックの事件って何ですか?仮想通貨NEMネム)がどう関係しているんですか?初めたてなので、よく分かりません。なので、事件の内容について詳しく教えてほしいです。できれば、事件後のこと・再発の可能性のこととかも教えてもらえると助かります。

こういった悩みに答えます。

 

 

本サイト(サイモンブログ)を運営しつつ、仮想通貨トレードで稼いでいます。

 

筆者の実績

f:id:retirerich:20201218114404j:plain

この記事を読んでみて、いい記事だなと思い、シェア&はてB!してくれると僕がレベルアップします。

 

というわけで、本題を見ていきましょう。

 

 

コインチェックNEM流出事件を解説【犯人:3グループある】

f:id:retirerich:20210104213730j:plain

コインチェックNEM流出事件

NEM大量流出事件の犯人

・仮想通貨相場への悪影響

・事件後のコインチェック

…ですね!

少しだけ時間をください。

 

コインチェックCoincheck)のNEM流出事件について、図解付きで紹介していきます。30分ぐらいあれば、理解できるかなと思います。んで、コインチェック事件の犯人【3グループ】・その後についても紹介していくので、好きに見ていってください。

 

というわけで、もっと深堀っていきます。

 

 

コインチェックNEM流出事件

f:id:retirerich:20210106215253j:plain

・複数人のハッカーコインチェックをハッキング

・セキュリティの弱いホットウォレットに狙いを定める

・ホットウォレットはセキュリティが強くハッキング不可能

・人気の通貨:ネム 2,600万XEM(580億円分)ハッキング

 

上記のとおり。

コインチェック事件は複数のブラックハッカーが協力していて、人気の高い仮想通貨:ネムXEM)が狙われることになりました。ホットウォレット内にある26,000,000XEMが狙われてしまい、日本円で約580億円分がハッキングされました。

 

その後、ホワイトハッカーがハッキングされたネムの追跡していたものの、ネムXEMモネロ(XMR)などの別通貨に交換されていたので、完全に追跡することができませんでした。それによって、多くの投資家が資金を失ってしまい、結果的に仮想通貨バブルが崩壊しました。

 

 

NEM流出事件の犯人【3グループ】

f:id:retirerich:20210108174517j:plain

・日本人:大阪会社役員・北海道医師

南アフリカ・ブラジル:臓器売買Gr

北朝鮮:ラザルス(Lazarus)

 

上記のとおり。

ネムXEM)流出事件の犯人は3グループあって、実は今でも完全に追跡できていません。何故かというと、犯人が追跡の難しいダークウェブを使って、マネーロンダリング資金洗浄)していたからです。つまり、簡単にいうと追跡されないためにハッキングしたネム ⇒ モネロ(XMR)などの通貨に交換していたということです。

なので、2021年になっても犯人を特定できず、ネム580億円分も取り戻すことができていません。

 

 

仮想通貨相場への悪影響

f:id:retirerich:20210106225612j:plain

・ハッキング後、ネム大暴落&仮想通貨バブル崩壊

ネム最高高値248円 ⇒ 98%ダウン4円になる

・仮想通貨の王様:ビットコイン40万円割れ

 

上記のとおり。

2018年1月のNEM流出事件後、仮想通貨相場は大暴落して、仮想通貨バブルが崩壊しました。2年間経て、最高高値248円だったネム ⇒ 4円になり、約98%大暴落しました。その他の仮想通貨も90%代の暴落を記録して、仮想通貨市場は冷え切ってしまいました。

 

2020年以降では仮想通貨の勢いが再び増してきていて、ネムXEM)は30円代まで回復することができました。その他の仮想通貨も価格を伸ばしており、ビットコインは400万円まで伸びました。ただ少し価格を上げすぎていると思うので、調整で暴落する可能性が高いです。トレードするなら、細心の注意が必要です。 

 

 

  

まとめ

f:id:retirerich:20201217115804j:plain

最後に!簡単まとめ。